開店の流れ

フランチャイズ講習会による説明

フランチャイズ契約をする前に当社では、必ずフランチャイズ講習会に参加して頂きます。内容は、これからデリヘル運営をするに辺り覚えておかなくてはならない、日々の運営の仕方既存店を元にした運営ビジョン初期経費の使い方(広告・ホームページ等)、開業の準備事項などを、当デリヘルグループ運営陣がイメージしやすいようにご説明します。フランチャイズ講習会場は、出張講習も対応しておりますので、希望の際は出張講習希望とお伝え下さい。
>>お問合せフォーム

営業所にする物件を見つけよう

フランチャイズシステムを利用し、営業開始するには、公安委員会からの許可申請が必要になり、その届出を提出する要件に営業所住所が必要になります。つまり物件を探すことが、デリヘル業を起業する初めの一歩となります。個人で開業する方は、アパート等でスタートするかと思いますが、デリヘル事務所として使用する事を許可してくれる物件を探さなくてはならなく、意外とこの物件探しがスムーズに進まず、営業開始までに時間が掛かってしまうことがあるので、安易に考えてはいけない所です。

営業電話などのインフラ整備

さて、皆様の営業拠点となるデリヘル営業所が決まりましたら、お客様や求人の連絡を受付する電話番号の契約になります。現在は多種多様な電話回線網が提供されているので、皆様のお好みで電話回線を契約しましょう。現在お持ちの携帯キャリアと連携させ固定回線を契約して経費削減する事も可能です。インターネット回線の契約は任意ですが、出来ればインターネットは使えるようにしておいた方が良いでしょう。

届出の申請をしよう

物件、電話番号が決まりこれで無店舗型性風俗特殊営業の申請届出が提出できる要件が整いました。営業所がある所轄の警察署の生活安全課で届出申請書を貰い、必要事項を記入し必要書類を添付して提出となります。必要書類が揃っていて受理されれば、後は公安委員会から無店舗型性風俗特殊営業許可証が届くのを待つだけです。

営業と求人対策

届出が受理されて許可書が届くまでの約2週間で、求人対策など営業の肝となる部分の作業となります。お客様向けの広告女の子募集の求人広告ホームページの開設備品の発注面接などやる事は、沢山あります。広告の選定(紙媒体、Web媒体)は、特に営業開始当初の時期は、とても大切な部分になるので、しっかり打ち合わせをしてお願いしましょう。

スタッフとコンパオンの面接と採用

運営スタッフ(ドライバー・幹部候補)やコンパニオンの応募が来たら、面接・採用となります。運営スタッフは状況に応じて採用して行きますが、コンパニオンはオーナーの基準で採用して行きましょう。採用が決まりましたら、ホームページにコンパニオンの写真画像をアップロードし、女の子のアピールポイントをプロデュースして行きましょう。お客様に愛されるコンパニオンの発掘それこそが安定運営の近道です。

運営開始・オープン

いよいよ、オープンになります。これで正式に貴方もデリヘ店のオーナーです。日々のお客様との出会いや女の子・スタッフとの出会いを繰り返し貴方色のお店にして行きましょう。大変な道のりはこれからです。さらに気を引き締めて、2店舗、3店舗と拡大できるように精進して行きましょう。当デリヘルグループは全力で応援・サポート致します。